Amazon echoのAlexaとLink Japan eremote miniによる換気扇とエアコンのコントロールがエラーばかりだった件(解決)

 自室の照明、エアコン、換気扇を音声コントロールしたくて、Link JapanのeRemote miniを導入して1年以上は経つのではないかと思います。最初導入して1年ぐらいは順調に動いていたのでした。ルーターを換えた時になんだか設定をごちゃごちゃしてからは、上手く動かなくなりました。不便なため、ときどき再設定を試みるのですが、なぜか上手くいきません。

 嫌気がさしてほっておいたのですが、10連休の最後あたりから、せっかく買ったのにもったいないと、再度チャレンジしました。なんとか問題を特定して解決できたので、備忘録的に書き記しておきます。

 

・問題現象:手続きに従って登録したにも関わらず、定型アクションのマイ定型アクションを実行しようと音声認識させると、「デバイスが見つかりませんでした」とエラーになる。

・原因:アレクサの音声認識の結果とデバイスの登録名がズレていた。

・原因に関する説明:登録名をひらがなにしていた。アレクサは漢字で認識していた。しかしアレクサアプリ上では何故かデバイス名を漢字で入力できない。

・解決のきっかけ:アレクサアプリ上のホーム>メニューバー>設定>Alexa アカウント>履歴をみると、アレクサの音声認識の結果を閲覧できる。ここに「アレクサ かんきせんオン」と登録したものが「アレクサ 換気扇オン」となっている「かんきせん」と「換気扇」は別と認識されるらしい。しかしアレクサアプリ上ではかんきせんを換気扇とは登録できない。さらに濁音も入らない。

追記:Amazonに連絡したところ、2、3日してからalexaアプリのアップデートにより日本語変換ができない問題を修正したとの連絡があった。さっそくアップデートしたところ、漢字変換できるようになっていた。解決。

 

・対策:Link Japanのehomeアプリ上で「かんきせん」という名前を「換気扇」に変えておく。

・補記1:結局、エアコンでは動かないので、Link JapanのeHomeアプリ上ではまず照明でデバイス登録して、その後、名前を変える。この時、Link JapanのeHomeアプリ上で注意して適切な漢字にする。ひらがなで登録するとだとダメだった。

・補記2:うちのFujituuのエアコンも自動登録がうまくいかない。手動にすること。

・補記3:自室の換気扇は、ON・OFF両用のワンボタン式なので、定型アクションの登録の時に、「かんきせんおん」と「かんきせんおふ」の両方を登録する(アプリ上の実行条件はひらがなで登録しておく、とういうかひらがなでしかできない)。アクションは両方ともオンにしておく。

・補記4:エアコンは、エアコン、暖房、冷房、除湿について、それぞれ追加しておくと、「暖房オン」、「暖房オフ」、「冷房オン」、「冷房オフ」とかできて便利である。

 

自室の電気器具を音声でコントロールできると、本などを読みながら寝ていて、そろそろ寝るかという時に、腕を動かしたり、体を動かすことにより、眠気が覚めてします問題を解決できる。「アレクサ、おやすみ状態発動」として、エアコン、照明等をオフにできると一言で済むかもしれない。今度やってみる。

 

メモ:Alexaでの登録手順

1.Link JapanのeHomeアプリ上で登録する。どの機器(デバイス)でも「照明」を選ぶ。できるのはオン、オフ、明、暗の4つだけ。それぞれ操作しそうなボタンの機能を登録することになる。

2.次にAlexaアプリ上でデバイスの登録を行う。手順は、1.ホーム、2.下部バーの右端のデバイスアイコンを選ぶ、3.デバイス画面上で、全てのデバイスを選び、右上の+アイコンを押してデバイスを追加を選択、次によく使用されるブランドのeHomeアイコンを押して画面遷移後、「デバイスを検出」ボタンを押す。これでデバイスを検出後に、それぞれのデバイスのセットアップをする。

3.Alexaアプリホーム上の左上メニューバーを押して定型アクションに進み、右上の+アイコンを押して、追加していく(ここから先は上に同じ)。