息子の大学受験戦記①:いよいよ始まる

 息子がついに大学受験の季節に入ります。あと数日で高校2年生の授業も終わり、終業式です。というか授業自体はすでに終わり、あと2,3日はいろいろと行事があるようです。

 息子は、大学では経済学を学びたいとのことです。希望する学校は、東京にあるので、うまくいけば来年から下宿生活となります。

現状では、希望校の入試傾向や難度からすると

 

・英語、世界史、国語は大丈夫そう。

・数学は得意のはずなのだが、試験での得点力が低い。

・地理は不得意ではないが、安定感を持って得点するには記述の対策を頑張らなければならない。

・古文漢文は、合格水準には達しそうだが、安定感に欠ける。

・理科系は、センター試験のみ。これも大丈夫そう。

 

というところです。あまり学力的な点では心配はしておりません。まぁその時の学力で選んでいただいた学校に入ればよろしいし、一浪までは許すとしております(私も一浪してますし)。

 ただし、自堕落に生活、勉強するのは許しがたいので、頑張るなら頑張るできちんとやって欲しい。うちの息子の場合、ともかく起床に問題があります。また最近は、休日の昼間に寝ること寝ること。ほっとくと午後の2時3時まで寝てます。これが許しがたい。土日でも朝6時に起きてこいとはいいませんが、8時くらいには起きて、9時には自室で勉強するなり、図書館に行くなりして欲しいのですが、8時に起こしにいって、9時に起こしにいって、10時に起こしにいって、11時にぶち怒られて、いやいや起きてきてから、2時頃から勉強して、夕方6時からゲームというような有様です。しかも夕方6時くらいから、家族総出でフロ、洗濯物、便所掃除、夕飯作り、夕食とを片付けていくのですが、「手伝って」と一声かけても、15分、20分は動きません。

 ということで、2週間ほど前から、休みの日でも午前9時には家から追い出すという方針で臨んでおります。イヤイヤながら図書館に向かっておりようです。本人は嫌がってますが、勉強の方は進んでいるようです。午後4時以降に帰ってきてもよろしいとしております。

 まぁとりあえず、こんな調子で「息子の大学受験戦記」シリーズを始めます。