チームワークない+BF5の分隊行動について

・普段の仕事の中で、チームワークという言葉を意識して働くことはほぼないですね。根っからの一人親方タイプなので、自分で決めて、自分でやってます。ただ困っている人がいれば助けるし、組織の目標があればそれに対して自分の貢献できるところは出し惜しみせずに協力します。困ったときはお互い様精神です。単に数字を追う仕事は長続きしない。環境整備的に動いて、スムーズにシステムが回り始めることが好きです。

・「チームワーク、チームワーク」的な言葉で皆を煽る人は、あんまりシンパシーを感じない。個々人が自分のできることをやり、オープンに意見を言い、議論できると結果的に外からみてもチームワーク的になっているのではないかな。

・上手く回っているときはチームワークという言葉はあまり聞かない。うまくいかなくなると「チームワーク」という言葉をよく聞く。見えやすいチームワークより、結果的にチームワーク的になる環境を構成する要因は何かを考えて、それを整備したり、陰働きをして整えることが大事かも。

 

・そんな私ですが、短期的にチームワークを強く意識しながら動く場面があります。それはFPSゲームのBF5です。BF5になってから分隊行動が大事なので、分隊員の皆さんがどこにいるのか、倒れてないか、弾が足りてないか、裏取り中ならば敵の目を引きつけるために、正面に弾をばらまいておくかとか、拠点を確保したら、すぐにとりかえされないように土嚢を積んどくかとか下手なりにできると事をします。普段の働き方と似てはいますが、チーム行動をかなり強く意識してますね。最後にトップ分隊になるとすごくうれしい。

www.ea.com

・仕事とゲーム何が違うのか、ゲームはたかだか20分とか30分の短期の結果、仕事は長い時間の結果、さらにゲームはすぐに結果が数字になり、私の仕事は見えやすい数字を追うタイプではない。結果的には似てるかもしれないが、チームワークということを意識させられる度合いは違いますね。やることはいっしょなんだけどね。

 

そんなことを考えました。

 

LINE WORKS×はてなブログ特別お題キャンペーン #チームワーク

LINE WORKS×はてなブログ特別お題キャンペーン「#チームワーク」を語ろう!
sponsored by LINE WORKS