メルカリの良い点:業者がいない、値下げ交渉が面白い。Amazonで調べてメルカリで買う行動が多くなる。

なんだかんだといいながら、この3ヶ月くらいの間に、アマゾン、ヤフオクを使わなくなってメルカリばかりです。そこで印象をまとめてみました。

・ヤフオクに比較して、業者がいないのが良い。ヤフオクは単なる新品の販売場所になっていて、オークションの良さが見えにくい。それどころか、情弱を欺すためだろうけど普通にアマゾンや楽天より高い値段の商品がかなりの数、散見され、それがノイズになって面倒くさい。同じ値段の品物が10個も20個も並んでいたら面倒くさい。ヤフオクはこれを制限した方が絶対良いよ。使いにくい。ヤフオクの画面は業者のチラシになっている。よほどマイナーな物はまだそうなってなくて使える。

・ヤフオクは、値下げ交渉の楽しさがない。ただの100円でも値下げしてくれると楽しい。おじさんは普段寂しいので、ちょっとしたやりとりがあるとうれしくなる。ヤフオクにも交渉ができる機能があるが、使いにくいし文化として弱い。メルカリはコメントを読むことによって売り手の性格等が透けてみえるのが楽しい。

・服は明らかにメルカリの方が相場が安い。ヤフオクは高いし、値下げ交渉がしにくい。ヤフオクは落札後、変な独自システムを使わせる業者や送料の計算、交渉が面倒くさい。これはこっちが出品者になったときも同じ。その点メルカリは、適当な箱や袋に入れてコンビニに持っていくだけなので圧倒的に楽。それどころか大型便だとヤマトが来てくれて、梱包まで頼める。送料の計算がなくならないとヤフオクは勝てないと思う。ジリ貧化していく予感がする。メルカリで購入した物が失敗であっても、気楽に売れば良いと思える。でもヤフオクは気楽さが低いので気楽に買えない。

・アマゾンとメルカリを比較した場合、服に関しては圧倒的にメルカリが多い。アマゾンで買おうとは思わなくなった。また雑貨に関してもメジャーな物ならメルカリで十分だったりする。そもそも最近のアマゾンはレビューのゴミが酷すぎて、使い物にならない。メルカリでたくさん出ている物、インスタで写真が上がっている物、Youtubeで誰かがレビューした物しか買えない。アマゾンのレビューは、以前は信頼性の高い情報であったが、今はほんとにゴミ+ノイズレベルになっている。まだ楽天の方が信頼性が高い。前は信頼性の高いレビューアーのページをブックマークしておいて、その人が良いとしたものを追うと参考になっていたが、最近のレビューワーの削除騒ぎで、そういう人のレビューも追えなくなった。アマゾンの終わりも近い気がする。kindleがなければ、アカウント削除レベルである。楽天やヨドバシはレビュー機能を充実したりレビューアーを大事にすれば、アマゾンを追い越せる気がする。どんな風にすればいいだろうか。

・楽天は好きだが、UIがうるさい。自分の好みに合わせて切り替えられる、もしくは購入層とかを分析して変更すれば良いのにといつも思う。