ホンダのPCX(2018)バイクに1ヶ月半乗ってみての雑感:125CCは2段階右折しなくて良い、スピードについていける

9月頭ぐらいからPCX2018に乗り始めての雑感です。

・一ヶ月半でようやく300km行きました。通勤で使うことがほとんどですが、雨の日もあり、乗らないことも多い。買い物は荷物もあるので、ほぼ車です。

・3車線の道路における車線変更も慣れました。左端をちんたら走らず、堂々と走行車線の真ん中を車の流れに合わせて走っております。早め早めに左に寄っておけば、慌てて無理に割り込むこともありません。名古屋市内で普通に走っていて、車の流れについていけない状況はほぼない。125ccは、ほんとに早い。50ccだとこうはいかないですね。250ccだともっと楽なんですかね。

・すり抜けはほとんどしません。堂々と車線中央に構えております。この乗り方がストレスがなくて良い。すりぬけというのか微妙ですが、左車線を走っていて、先まで行ったら左折専用車線だったときに、仕方なく右に入るのがすり抜けぽいといえばすり抜けぽいくらいですかね。車だとナビが左折専用車線がありますと言ってくれて、注意しますが、バイクではなしですね。普段どんだけナビに助けられているか分かります。通勤経路は慣れてきて、ここは左折専用だからそろそろ右車線に入っとくかと判断できるようになりました。

・雨の日は乗らないようにしているのですが、朝降ってなくて、帰りに降っていることがあります。怖いかなと思っておりましたが、都市高速の下を走って帰ると、意外に濡れない、道路も濡れてないことに気づき、楽をしています。

 

<PCX2018について>

・キーレスエントリーが楽です。これは圧倒的です。たぶんそんなに簡単に盗まれないだろうとも思います。もうキーレスエントリーでないと次のバイクも買いたくない。

・エンジンはよく回ります。停止時化から50km位への加速は、交差点でよく使うと思いますが、普通に車より圧倒的にはやいと思います。さすがバイクです。もたーっとして後ろの車にいらつかれている印象はないですね。さすが125ccですね。50ccとは違います。もちろんスポーツタイプの250ccとか400ccの大きなバイクにはかないませんが、名古屋市内で普通に走っている車の加速には十分についていけてます。

・ブレーキも普通に運転している時に、特に効かなくて困ったとかないです。雨の日も名古屋高速の下を走ることが多いので、濡れて滑りやすいシチュエーションが少ないのでしょうね。

・今のところ、ロングの風防がないとダメと思うシチュエーションもなし。風が邪魔になる感じもしません。メシュのジャケットの胸元にいれたプロテクターが良い感じに自立して風よけになってくれて楽をしています。

・サイドミラーも後方確認しやすいです。最初、なにか社外品のカッコ良いやつに変えようかなとも思っていましたが、純正で十分です。またヘルメットがジェット式なので、視界がひろくて、みやすいです。車の3倍ぐらいは前方の周りがよく見えますね。前方がよく確認できるという点では、非常に運転しやすい。