125cc教習所⑦ 教習第7回 第2段階の4 セット講習でシミュレーター+安全講習的なもの

第7回ということで、今回はセット講習でした。

セット講習とはなにかというと、2時間連続してシミュレーターと安全講習をする内容でした。ちょうどお昼だったので、エアコンの効いている中で楽でした。

やった内容は

シミュレーターが

・市街地走行をして、事故体験をする。内容は、突然の砂地、人の飛び出し、大型トラックの左折時の膨らみ、自転車の突然の車線側への膨らみ、対向車線の自動車の突然のはみ出しなどでした。

対向車線の自動車の突然の膨らみはバイク事故に多いそうで、自動車からすると右前のピラー部分にちょうどバイクがはまりこんで、存在に気づかないことが多いという話でした。運転手の顔が見える位置を意識するということという話しに納得でした。

3人の教習生が順番に乗ったのですが、私が一番年上で、事故数NO.1でしたね。さすが皆さん若い。

安全講習は、メインは二人乗りの法規と運転上の注意点でした。免許取得後1年たったら二人乗りができるそうです。まぁたぶんすることはないでしょう。残りの時間は、交通標識の確認をして、最後に5分ほど、卒検でひっかかりやすい場所の確認でした。

卒検でひっかかりやすいのは

・一本橋

・スラローム

だそうです。特に一本橋を落ちる人が多いとのことでした。特に残念なのが、最後に後輪だけが脱輪することが多いそうです。