夏の天窓からの日射の防止にバルーン

自宅のリビングダイニングの天井には、天窓があります。

住宅密集地ですので、窓からの日射量は少ないのですが、天窓があるお陰で、部屋が暗くなくてよいです。天窓があると天窓がない場合に比べて、3倍明るいと不動産屋さんが言っていたのですが、まぁそれもよく分かります。ほんとに明るいです。

ただし、夏の暑さは格別です。なんとか日射を遮りたいのですが、我が家の場合は天窓まで4,5mはあるので、ちょっとやそっとではどうにもなりません。脚立でもまったく手が届かない。手が届けば、突っ張り棒か何かでカーテンを作ってやるのですが、まったくです。

 天窓からの暑さにいらいらしながら夏を過ごしていたのですが5年ほど前に、栄の公園でたまたま配っていたヘリウムガス入りの風船をその天窓のへこみ部分に置いたら、日射の量が減り、明らかに部屋が涼しくなりました。それ以来、毎年、ヘリウムガス入り風船を天窓部分に設置しております。ただしヘリウムガス入り風船はだいたい保って1週間ぐらいです。いろいろ調べてみると日本製のガスが抜けにくいフィルムを利用した風船が楽天に売ってました。これを購入するようになってから、1シーズンずっと浮かんだままになりました。


 

 

ただ、今度はヘリウムガスを入れてもらうのが大変です。ネットだと、ボンベが4000円とか2000円近くして、それが18インチの風船1個か2個程度しか膨らませることができない。まぁ仕方ないので購入しておりました。

今年は、「バルーン 名古屋」で検索したところ結果に出てきた「ふうせん工房」というお店に電話してヘリウムガスの充填をやっているかお尋ねしたところ、やっているということだったのでガスを入れてもらいました。18インチのバルーンにヘリウムガスを充填してもらって300円でした。気持ち良く対応してもらい、大変に好印象でした。助かる。

 

www.fusenk.com

天窓からの日射に悩んでいる方におすすめです。風船を扱っているお店は、意外にホームページにヘリウムガスの充填をしていると書いてない場合が多いようなので、電話にてお尋ねすることをおすすめします。また上のふうせん工房さんだとヘリウムガスの抜けにくい風船を店頭にて売ってるそうです。