Mac OSXのSieraでkarabinerが使えなくて困っている対策 2つのソフトを使って。

MacのOSXが10.Sieraになってから、キーバインドを変更するKarabinerが使えなくて困っていたのですが、なんとか対策できてきました。同じように困っている人もおおいでしょうから、今更ながらの情報共有です。

私のキーバインド

PC用キーボードを使いたい。使いたいのは、MicrosoftのSculpt Ergonomic Desktop (スカルプト エルゴノミック デスクトップ)です。エルゴノミックス系M字型のキーボードが手が痛くならない、打ち間違えが少ないので愛用しております。

ここまでが最低ラインで、以下は可能ならば

  • Ctrl+Pで一行下、Ctrl+Oで一行上
  • PC用キーボードの「半角/全角キー」で日本語、半角英語を切り替えたい。

 

まず一つは、Karabiner Elementを手順に従って、インストール、設定します。まずMacにてPC用キーボードを使うためにSeilを使っていたのですが、Karabiner Elementでいけるそうです。

参考:macOS Sierra で外付けキーボード設定ツール Karabiner と Seil が使えなくなった際の対処法

しかしこのままだと、コントロールキーとなにか(ctrl+M=>return)が設定できないため、次に⌘英かなをインストールします。その後、設定でOKです。

こんな具合に、comandキー+とかctrlキー+の設定ができます。Karabinerが使えないとの事で、Sieraへのアップデートを最近までためらっていたのですが、これでアップデートできました。万歳。

リンク集

追記1:ちなみにMicrosoftのSculpt Ergonomic Desktop (スカルプト エルゴノミック デスクトップ)ですが、私の場合、このキーボードで打つのと通常のキーボードで打つのでは、打ち間違いの発生率がかなり違います。場所もとるし、安くはないのですが、かなりお奨めです。手が自然な形に開くのが良いですね。

追記2:キーを入れ替えると、特にMacにてPCキーを使うと、どのキーがcomandキーで、どれがオプションキーか分からなくなりがちです。慣れるまでキーボードにシールを貼りました。利用したのは、インクジェット用の転写シールでした。毎日打つキーボード上のシールなのですぐ剥がれるかなと思っていたら、それほど剥がれず、使えております。FキーやJキーのようにずっと指をおいておくというものでもなく、時々確認する程度なので、丈夫でなくても大丈夫ですね。