VAIO PhoneAってめちゃ質感高いよ。息子のだけど正直うらやましい

長男が無事、高校に合格しました。高校生なので携帯電話をもたせるかと、機種について聞くと、「特に希望はない、父さんが詳しいだろうから適当に頼む」とのことでした。iPhoneAndroidかと尋ねるとこれまた「どっちでもよい」とのことでした。ほんとに物欲や物へのこだわりの低い人です。まぁAndoroidの方が安いし、彼は、HP閲覧、Youtube、メール、Line、TwitterkindleGoogle Mapぐらいができれば、後は特にこだわりがないらしい。これまでも出かける際にNexsus5を借りて出かけて困ったことはないらしい。ごそごそ調べたところちょうど VAIO Phone Aが出るというニュースがあり、予約開始を待って、予約し、4月7日に受け取りました。SIMはIIJ mioのサービスを利用することにしました。

印象

  • アルミ削り出しの背面外装がすごくかっこ良い。オーディオ機器のパネルの雰囲気あり。自宅にて利用しているNexsus5やZen Phone Goなどに比べて、高級感あり。触ったときの剛性感が良いです。触れる喜びあり。質感がめちゃくちゃ高い。ちなみに、息子の同級生が息子のVAIO Phone Aを見て「きちんとした携帯を使っている」と評したそうです。世の中、きちんとしてない携帯が多いのでしょう。一昔前のIBM的なイメージでしょうか。先日、ヨドバシの携帯コーナーをぶらぶらとしたのですが、VAIO Phone Aより質感高いなと個人的に思った携帯はございませんでした。ソリッドな感触は自分のiPhone7 Plusより高い気がする。これが2万台とは、恐れ入ります。
  • 外観に関して追記:配送されて1ヶ月近く経過し、我が家の中でも見慣れた携帯電話になりました。iphoneに比較してAndoroid系の携帯電話やタブレットはどうも安っぽいイメージがありましたが、このVAIO Phone Aは安っぽさを感じさせませんね。息子に時々弄らせてもらいますが、「モノの質感はすごくいいなぁ」と自然に思います。OSのアンドロイドの画面はちょっと統一感が低いというかなんですが、まぁそこはすぐに各アプリの中にはいるので、特にどういうことはないです。これが27000円弱かと思うとほんとに買いですね。
  • 普通に上記のアプリや使用に問題なし。ごく普通に動きます。
  • カメラも十分撮れます。アホみたいに綺麗ということはないですが、最近の携帯のカメラとしては合格点だと思いました。(綺麗な写真が撮りたければ一眼レフカメラを待っていきます。)
  • 若干画面が暗い印象をもったが、とくに問題になるようなものでもない。
  • 画面の縁の黒いところが広いというレビューもみたが、特に気になるほどでもない。すぐ慣れる。
  • 変なアプリも入ってない。
  • 26,000円強(この値段でこの質感ならいうことない)
  • IIJmioSIMカードの挿入と設定も息子が自分で説明書を見ながらやりました。傍でみてましたが、それほど難しそうでもありません。
  • IIJmioSIMカードフィルタリングサービスを利用して、有害サイドのブロックもできました。

 

まとめ

変な癖のない、ごく普通に利用できる、質感の高い携帯だという印象です。最新かつ最高スペックというわけではないようですが、普通にお勧めですね。26000円強でこれなら問題なしだなぁ。いやほんとにこの値段で儲かるのかね。

追記

IIJmioを契約してnano simを使っていたのですが、micro sdカードとスロットが共用でした。micro sd カードを利用するために、急遽、micro simに交換です。たまたまsimカード交換無料のキャンペーン中だったので、タダでしたが、通常ならば2000円です。初めからmicro simを利用することをお勧めします。