高校受験②(息子編)公立終わり、私立の入学金準備です。結構高い。>>50万

先に書きましたように、息子が高校受験です。先日、第2幕で公立高校の入試がありました。愛知県の公立高校の入試には、A日程とB日程があります。二つの高校をペアにして、第1志望と第2志望を決めて、二つ受けることができるのですね。広島の片田舎の学校を受けたものとしては複雑で、なんだか最初はよく分かってませんでした。

我が家の息子は

  • 私立T高校(第2志望)
  • 私立A高校(第4志望)
  • 県立A高校(第1志望)
  • 県立K高校(第3志望)

という組み合わせで受験でした。第2志望の私立高校の合格が早々と決まったため、その時点で第3志望の県立高校の受験はせず、第1志望の県立高校のみを受験となります。さらに、第1志望に合格したら、第2志望の私立高校へは何があっても入学しないようにとのお達しらしいです。厳密にはそんなことは制限かけられないと思いますが、そうらしい。どこの高校に入ろうと当人の勝手だと思うのですが、県全体でなるべく浪人を出させないという取組の一環なのでしょう。全体を考えると、個々人があまり我が儘もいってはいかんのでしょうね。

私立のT高校が一番合格発表が早かったのですが、とりあえず合格して一安心しました。あまり詳しく調べてなかったのですが、入学金と学費でざっくり1年目に70万強かかります。国立の大学の学費並みではないかと驚愕です。その高校へ二人の子供さん達を通わせている人が知り合いにいるのですが、学費だけで100万仕事ですね。愛知県の高校の学費が年額で12万弱ですから、差が大きいなぁ。まだ、県立高校の合格発表はまだ(3月17日)なので、私立T高校へ入学が決まっても入学金等が払えるように、社内貯金の払い戻し手続きをしておきました。高いですが、その分、充実した学びと学生生活があれば、よいと願います。

追記:結局、県立A高校へ決まったので、社内貯金の払い戻しは、使わない予定だったのですが、4月になってから県立A高校より、学費以外に細々と20万ほど払い込みの請求がきました。なんだかんだと入学に際して

  • 試験料等:10万強くらい
  • 入学金とか:20万強くらい
  • 制服、電子辞書、鞄、携帯、体操服、部活の金とかなんやかんや:15万から20万強

でざっくりどんぶり勘定すると約3ヶ月(2,3,4月)にわたり50万ぐらいかかりました。高校でこれですから、大学入学は150万ぐらいかかるのかなと戦々恐々しております。150万っていうと、なかなかの金額ですね。

日本政策金融公庫(事前申し込みで頼むだけ頼んでおいてキャンセル可、固定金利20日程度で振込、世帯収入により融資対象制限あり)

住信SBIネット銀行教育ローン(条件を満たせば、日本政策金融ローン並の金利に近づく、固定金利、振込先は?)

ふむふむ