JVC HA-FX1100を買った。大須のe-イヤホンさんにて

レヴォーグの静音化の記事の中に学生時代にSTAXのイヤースピーカーを使っていたという話を書きました。

この記事を書いた後、STAXのことを思いだして、ひさしぶりにSTAXにて聞きたいと思うようになりました。普段はiPhone付属のイヤホンで十分満足しているのですが、時々10年以上前に買ったShureのイヤホンで楽しんでます。10年以上も前にたしか5万後半の値段で買って、番号は5●●とかいう先頭に5がついた覚えがあります。10年も使っているので、外装のクリアなプラ系素材が黄ばんでくるわ、ケーブルは妙に固いわ、イヤーピースは変形しているわで使い勝手がかなり悪いのです。ただ、外見に少々レトロぽさが出てきているのと、解像度がすごく高いので気にいってます。女性ボーカルの高音が綺麗に聞こえてます。声がスーッと消え、消え際にふわふわと音を耳元に置いていく感じが好きです。

松たか子さんとShureのイヤホン

また松たか子さんの歌声が好きなんですが、このShureのイヤホン松たか子さんの体のどこが震えて声が出ているかが感じとれるようなイマジネーションを与えてくれます。「今、震えるポイントが、口先。。。。あっ今ノドが震えている、今、胸が震えてる。最後、腹にきてる」とか。これを解像度というのか(上下方向の)定位感というのかわかりませんが、松たか子さんの曲はこれがよく感じられます。

YouTubeミックスリスト:松たか子

あとJAZZ系の曲の中に、弦楽器の弦が揺れてる幅というか、打楽器の太鼓が単に鳴っているのではなく、太鼓の面が鳴っていたのが、段々と収斂して太鼓の膜(?)の中心のみが響いている感じとか。このShureのイヤホンに比べるとiPhone付属のイヤホンは、音がごっちゃになって、一つ一つは明確には聞こえてこないですね。

久々のSTAXの視聴

解像度の高さだと、私が今使っているShureのイヤホンも高いと思うのですが、学生時代に使っていたSTAXも解像度が高かったなと思いだし、久しぶりに聴いて良かったら購入も考えてみるかと名古屋栄のヨドバシカメラに行ってきました。そこで、SR-009(<<最高級)とSR-L700をドライバーユニットSRM-727Aで鳴らしてもらいました。印象は「綺麗に素直に鳴っているな」でした。うるさい店頭での視聴でしたので、本領発揮という訳でもなかったと思いますが、正直なところそれほどの感動はありませんでした。次の日、もういち度聴いてみるかと名古屋駅西のビックカメラへ行きましたところ、STAXの視聴機が見当たらずでした。そのまま元名鉄デパートにあるヤマダ電機へ行ってぶらぶらしました。たまたまJVCケンウッドHA-FW03につないで聴いてみたところ、ふわーっとした広がった定位感が良く、さらに聞き疲れしない音が良かったです。ついでにショーケースの中にある同じシリーズのHA-FW01HA-FW02を出してもらって聴いたところ、HA-FW01は低音がすごく良く出ていたのですが、それが全体に被さり過ぎる感じでちょっと私には違うなという印象でした。HA-FW02は特にこれという強い印象は感じませんでした。HA-FW03はいいなと思いましたが、私の使っているShureのイヤホンに比べると解像度が低くて音が固まりに聞こえる感じで手に入れたいという感覚にはなりませんでした。ただ、私の使っているShureのイヤホンにくらべると、ケーブルが柔らかくて、「やっぱり、このShureのイヤホンのケーブルはそろそろ限界だな」と強く感じました。もうほんとにケーブルの外装が劣化してカチカチなんですよ。

大須のe-イヤホン

二日ほどして、栄にいく用事があったので、ついでに大須e-イヤホンに行ってきました。初めて寄りましたが、圧倒的な品揃えですね。STAXもすぐつないで視聴できる環境で何台もおいてありました。すごい。HA-FX850(Amazon)が出してあり、視聴してみるとHA-FW01より低音が自然で聞きやすい上にHA-FW03よりは解像度が高い印象です。さらに中古のHA-FX1100があり、視聴させてもらうと低音、解像度のバランスが良い感じです(中古なんでエージングが済んでいる性かもしれませんが)。Amazonのレビューに「名機」とか書いてありますが、「確かに」と思いました。ラスマスの銀河鉄道999の曲の最初の出だしでググッときました。

この後、お買い上げとなりました。中古ということで、コスパもよかったと思います。以上、現場からでした。

追記:(2017/05/05)

購入して約2ヶ月強が経ちました。職場ではMacbookDACをつないでこのイヤホンで聞いています。Audirvana Plusの体験版で聞いてみましたが、なかなか良い感じで音が出てきます。