静音化:風切り音への対策1(レヴォーグ、エーモン)

最初にレヴォーグに乗った時に、一番うるさいと感じたのは風切り音でした。この部分の静音化ですが、一番最初にやりました。納車前に、あれこれ調べて、エーモンの風切り音対策用のグッズをいろいろ買い込んでました。この時繰り返し読んだのが、次の記事です。

エーモン静音計画(8千円ちょっと分)を付けてみたらホントに車内が静かに! その理由とは?

まず私のレヴォーグに付けたのは次のようなものです。

風切り音低減モール センターピラー用

まず、納車されたレヴォーグに乗って感じたのは「ざわざわ右の耳元がうるさい」でした。そうはいってもステップワゴンより静かなのは確かなのですが、車内空間が狭いせいなのか、ざわざわした音が耳につきました。どうも右Bピラー上辺りから音がする。Bピラーをデッドニングするのは面倒だなと思っておりました。あまり意図せずに、この風切り音低減モール センターピラー用をフロントドアとリアドアの間につけたところ、そのざわざわした音のレベルが一気にさがりました。たぶん風が入りにくくなったのと、Bピラー自体を押さえる形になって下部からきている振動から発生する音が小さくなったのだと思います。このセンターピラー用を貼る前は、フロントドアとリアドアの間が開き、その隙間に風が巻き込まれ、リアドアの先で風を切って音が発生してたんだろうなと想像に難くないです。そのあと、いろいろとごそごそしましたが、この風切り音低減モール センターピラー用が一番、ノイズを下げたように感じました。ただし、かなり強引な取付な気もしました。この後、いろいろな場所の隙間を防ぐというのを心がけてやりました。隙間が開き、風が巻き込まれると、笛を吹いてるのと同じですよね。

風切り音防止モール ドア用

次に風切り音防止モール ドア用を付けてみました。これも耳元に近い分だけ、風切り音が小さくなったのが実感できました。最初の風切り音低減モール センターピラー用の効果が10だとすると、3か4かというところですが、確かに静かになりました。一つ付けては、近所の定番のコースを走りましたが、ちょっとずつ静かになるのが実感できました。知り合いのVWゴルフには、このドア用のモールと同じようなものついていて、しかも純正だからでしょうか、びっちりときれいに隙間をうめてました。

風切り音低減モールバイザー用

3番目につけたのが、風切り音低減モール バイザー用です。これは、ガラス面を通じて入ってくる風切り音を小さくしてくれました。これもわりに実感できました。「ザーーー」だったのが、「サーー」ぐらいです(なかなか表現が難しい)。音自体が少し小さくなって、質が変わった印象です。バイザーってけっこううるさいのねと思いました。オプションのところでも少し話をしましたが、現在のところ窓を少し開けて走るということはないので、バイザーは付けなくてもよかったかなというところです。風切り音もしなくなるし、やっぱりバイザーなしでよかったかなぁ。スバルの営業さんは、昔はオプションでバイザ-のモールがあったそうです。このエーモンのものより、細くて小さかったらしい。次の車を買うときは、もうバイザーは付けないと思います。

風切り音低減フィンセット

そして、風切り音低減フィンセットを付けました。上記の記事では、一番、怪しいと思いました。実感としては、たしかに、すこし落ち着いた音になったような印象を受けました。センターピラー用のように劇的に音が下がった印象はないのですが、これまた、[ザー--]が「サー」っという感じです。ここまでの4品で確実に、風切り音は下がったのは確かです。

ここまでの感想

とりあえず、ここまでの対策をしてみて、すこしずつですが、静かになるのは実感できました。センターピラー用はほんとにすぐ分かりました。耳元に近いところに対策するのは効果的ですね。Bピラーのデッドニングがよく効くというのは、よく分かります。このあと、ドア周りの風切り音防止テープの施行をしたのは次の記事で書きます。

 

以上、現場からでした。