レヴォーグにて2016年末2017年始の帰省1(名古屋ー広島)

年末、年始に広島にレヴォーグにて帰ってきました。今回は、行きは12月27日午後5時半、帰りは1月1日午前11時に出発でした。

行き

2016年12月27日午後5時半に名古屋を出ました。四日市付近で約40分の渋滞、宝塚付近で渋滞とは言えない程度ですが、のろのろ運転が続きました。それ以外はスムーズに流れておりました。土山SAで1時間ほどの夕食と休憩、岡山付近のPAで11時過ぎから3時間弱ほど寝ました。結局、広島の実家についたのは午前4時半でした。休憩込みで11時間、走行は6、7時間ほどでした。休憩が長かったので、最初の見積もりより時間がかかりました。前日の睡眠時間が短かったため、睡眠なしの走り切りはできませんでした。

実家についての疲れですが、これまでが疲労度10とすると疲労度3か4くらいですね。たいへんに楽でした。やっぱりアイサイトによるオートクルーズとレーンキープは楽ですね。兵庫や岡山の高速道路がほんとに楽でした。ほとんどブレーキやアクセルに足を乗せることなく、ハンドルを軽くにぎると、あとは車が勝手に進んでくれるイメージです。定速走行の人が多いのか、適切な車の後ろにつくと、時速80kmなら80km、90kmなら90kmでずーっと走って行きますね。夜中だと合流してくる車もなく、ずーっと定速走行でした。

青春18きっぷで山陽本線を九州方面に越える人々の心情がこちら 「山口区間が本当に辛い」「静岡ロングシート地獄も無理」

このTwitterまとめにかなり笑ったのですが、ほんとに高速道路でも、神戸を越えてからの兵庫、岡山が辛いです。山ばっかりで景色が変わらないから。岡山越えた辺りからは、よく知っている土地や建物、思い出があるため、そうでもないんですが、岡山までが辛い。

夜中ということもあるのか、宇多田ヒカルを聞きながら、心を無にして走れました。

帰り

帰りは2017年1月1日の午前11時頃にでて、午後6時過ぎに名古屋につきました。名塩の手前のPAと土山SAで1時間ほど休憩しましたかね。帰りも四日市付近で20分から30分程度ののろのろ運転がありました。流れないという感じではなく、ずるずると時速20から30km程度で動く渋滞でした。行きよりももっと楽でした。一月一日は二日三日に比べると混まないので、助かります。ただし、新年の挨拶をしたら、すぐ帰るというのは情緒がないですけど。

レヴォーグによる帰省雑感

  • きちんと寝てないと,アイサイトを利用した運転とはいえ、眠くなる。
  • 車内が静かだと、助手席に座っている人との会話が楽。
  • アクティブクルーズコントロールは、楽であることを再度確認した。元には戻れないですね。
  • 帰省すると、弟が年末にインプレッサを購入してました。3人兄弟なのですが、3人ともスバル車になりました。なんか、笑っちゃいました。兄弟なのか、皆、なんだかんだ言いながら似たような行動してます。