USB-C について調べた(MacBook Pro2016絡み)

MacBook Pro 2016の発表の騒ぎも一段落した気がします。TouchBar付きがもうそろそろ手元に届く人も出てくるのではないでしょうか。わたしはTouchBarはどうでもよいというか、Functionキーですらろくに使わない人です。気になるのは2TBとUSB-Cのコネクタです。MacBook Pro 2016を購入する気持ちは40%程度なのですが、コネクタ問題が頭にあって、いつか買うにしても、踏ん切りがつかない状況です。自分の利用環境を考えるとケーブルその他に5,6万かかりそうです。ざっくり計算すると総額40万以上になりそうです。それで2年間、1年あたり20万、一ヶ月1万6千円かぁ。安くはないですね。そこで、今一度、USB-Cについて調べてまとめておきました。(あくまでMacBook Pro 2016を購入するにあたり、自分用のまとめです。)。そういえば、Apple StoreにてUSB-C Digital AV Multiportアダプタが期間限定で5200円です(2016/11/15現在)。5200円ならまだ買えるが、8000円もするとちょっと考えますね。

USB-Cへの歴史と特徴

  • USB Type-AとTypeB (コネクタの型、プリンタとかの根元Type-B)、USB Type-C(裏表なし、iPhone6)
  • USB1.1USB2.0USB3.0USB3.1(速度とコネクタ、Type-CがUSB3.1USB3.1は速度10Gbps、2015年から)
  • USB Type-Cは高速、かつ双方に給電可能(将来的には20V(100W)、5A)。この特徴ゆえに、USB Type-Cのケーブルのみで用事が済むことが多い。
  • 将来的にはUSB Type-Cへ移行するらしい。

 

感想

ざっと自分の備忘録的にまとめてみましたが、やっぱり迷いますね。これまでいろんな規格に欺されたという思いが強いです。年取って余計かもしれません。新しい規格になると相性問題が発生して、ケーブルだけで済まないことになり、ディスプレイ、キーボード、マウス、プリンタ、ルーター等が買い直しになるのではないかと戦々恐々ですね。

2TBのSSDの価格について

高いなと思っておりましたが、次のようなまとめを読んで、まぁ仕方ないかなと(理由があるのだけど、私にとって高いことには変わりない)。

MacBook Proのメモリー・ストレージのBTO価格が高い理由

検索結果

相性問題で話題になってないか調べてみました。

MacBookに接続する外部ディスプレイがブラックアウトする

MacBookの設定について

Apple USB-C Digital AV Multiportを繋いだのですがデータ移行後使えなくなってしまった。

こういう風な話がのってると、全部ではないのだろうけど考えちゃうなぁ。

以上、現場からでした(どこの?)。