スバル レヴォーグ 買った(お金の話)

スバル レヴォーグを買ったのですが、いろいろお金に関してまとめです。

支払い

とりあえず、全体で350万となりました。

ステップワゴンを172万で売却し、残り178万を4年のローンにしました。支払いはボーナス併用なしの毎月均等に返していくパターンです。月に3万後半の金額をしこしこ返す形になります。ちょうど、BookScanサービスを長い間、月1万で利用していたですが、送る本がなくなってきたので、これを解約し、(私の財布の中では)ざっくりいって2万後半を毎月、新たに車の支払いのために使うことになりそうです。実質、ステップワゴンのローンよりちょい安いぐらいですね。

4年後にローンが明けたら、その時の状況にもよりますが、現在のレヴォーグを売却して、その時により安全に快適になった自動車を新たに手に入れてもよいかなと考えています。ちなみに4年後に幾らで売れそうですかとディラーの営業さんに尋ねたら、ステップワゴンと同じ調子なら、距離もそれほど伸びないでしょうから、100万は十分いく思いますよとのことでした。今、レガシーツーリングワゴンの2012年式の買取価格の表をみると100万円台後半では買い取られているようなので、150万程度は行くのではないかと期待します。万が一でも4年後に200万で売れれば、350-200で150万、150万割る4年で年38万程度、150万で売れれば年50万、100万なら年62万になります。このようにして比較するといかにステップワゴンの経済性がよかったか際立ちますね。(250万-172万)÷3年=年26万ですね。アイサイトの素晴らしさが受け入れられて、レヴォーグが4年後に今以上の人気車であることを期待しております。

2020年(4年後)の世界 自動運転

なぜ4年後なのかといえば、2020年に高速道路上での自動運転がレベル4に達するという記事をあちこちで目にするからです。このレベル4が達成されれば、高速道路に乗ったら、あとは目的地をセットすれば、勝手に追い越しをしてくれ、渋滞でも先行車についていき、止まっても自動発進で特に操作することなく、目的地まで着いちゃうわけですよ。ほんとうに素晴らしい。こうなると休憩らしい休憩をしなくても良いでしょうから、名古屋から広島で4時間とか5時間でつく時代になりそうです。ナビでも出発直後は、距離からだけ名古屋-広島は5時間後に着くとか出るんですよね。休憩がありますから絶対そうならない。でも2020年には名古屋広島が4時間とか5時間になる可能性が高いですね。そうなると、週末毎に広島に帰っても、問題ない気もします。ぐっと日本が狭くなりますよね。新名神の高槻-神戸(2017年開通予定)や、四日市-亀山(2018年開通予定)も開通していれば、渋滞する箇所もほぼないでしょうね。楽しみだなぁ。こう書くと、「道路ばかり作ると財政破綻」と怒られそうですが...

スバル、EyeSight(アイサイト)を活かした2017年~2020年の自動運転技術YouTubeより)

スバルの自動運転に関する動画です。あと4年後にこんな運転になっていると思うとすごいですね。

保険をどうするか判断と雑感

保険は、3つの選択肢がありました。第1はステップワゴンの保険をそのまま乗る車だけを変えて続ける。第2はネット通販の保険にする。第3はスバルの保険にするです。第1の可能性は、何か事故があったときに、ディラーと保険会社が違うのは面倒だなと早々に止めました。第2のネット通販の保険は、見積もりを取ると確かに安いのですが、これまた何かあったときに面倒だし、どこまで対応してくれるのか不安があり止めました。見積もりしたときの違いはせいぜい1万であり、その違いならディラーにしとくかと思いました(安いのもあったけど、今時、安すぎるのは不安)。第3のスバルの保険の場合、保険金額が高いとも思わなかった(保険内容ほぼ同じで車両保険の金額が上がっているのに、ステップワゴンより総支払い年額がいくらか安い)のと(1)アイサイト絡みの特約としてフロントガラスの交換の特約がある(2)距離無制限のレッカーが大きかったです。

とりあえず、第1のステップワゴンの保険は止めることにして、ステップワゴンの売却とほぼ同時にホンダのディラーへ連絡を入れて、さらに保険会社に連絡して、保険の中断証明書(証書?)を発行してもらいました。この中断証明書があれば、スバルの自動車保険に入ってからも、等級の継続ができます。自動車保険はまったく使ってないので、最高等級でした。使うことのないことが一番ですよね。

保険の話を知り合いとしていると、最近ぶつけられたという人がいて、相手が無保険だったそうです。無保険車絡みの特約に入っていて良かったと言ってました。スバルの営業の方にこの話をすると、最近はちょくちょく無保険車が居るとのことでした。営業ご本人も担当のお客さんの事故で一度、無保険車が相手で大変に処理に時間がかかったことがあるという話でした。無保険で走るという判断せざるを得ない状況(単に金がないだけではないと思う)に同情する部分もあるのですが、自動車を運転するのに無保険というのはリスク高すぎですよね。

自動車ローン

自動車ローンは、住信SBIネット銀行の目的ローン(自動車用)を利用しました。私はちょうど住信SBIネット銀行の住宅ローンを利用していまして、優遇金利の適応があり、1.75%だったかな。そのぐらいの金利でした。これは、スバルのディーラーでの金利より圧倒的に低く、総支払金額に相当の差がでるので競争になりませんでした。

あと、住信SBIネット銀行のよいところは、繰り上げ返済等が非常に簡単なことが挙げられます。住宅ローンもちょくちょく繰り上げ返済しているのですが、繰り上げの金額は1円から、手数料0円という事で簡単です。よく「今日は週末で疲れた。外食の気分だったけど、もうちょい頑張って、冷蔵庫の中の食材で料理して、3000円を浮かせて、住宅ローン返すか」となります。ただの3000円でも返せば、ローンの期間にもよりますが、いくらか金利負担が少なくなるのがかっちり見えるので、がんばっちゃうんですよね。ほんと良いですよ。「今日、返そう!!」となります。

まとめ

  • 月3万程度×4年のローン
  • ステップワゴンの経済性はとても良い
  • 保険はスバル
  • 自動車ローンは住信SBIネット銀行