スバル レヴォーグ買った(見積もり編2)

見積もり編1の続き、第2回目の見積もりです。

第2回の見積もり

第1回目の見積もりから約10日後、再び同じ営業さんを指名して、スバルのディラーへ向かいました。この時は、おおざっぱに以下のような条件でした。

条件

第2回見積価格

この時は、上記のような条件でまず出てきたのは350万半ばの価格でした。そうですかと返事をして、考えていると、「上の者と相談してきます」とお話があり、暫く待っていると「本日、仮に決めて頂けるなら、350万円(端数あり)まで値引きします。」ということでした。また、キャンペーンで5万円キャッシュバックがこれとは別に購入後ついてきますという案内もありました。

契約するかどうかは、私に任されていました。最初に考えていたざっくりいってオプション等込みの総額から8%引きの水準には入りそうだったので、価格的には納得しました。後は納期についてで、お盆に乗れるかということを尋ねると、「ぎりぎりだと思う」とのことでした。7月下旬に納車整備の工場に入れそうですが、実際に注文が富士重工に通って、数日しないと納車の正確な日付は分からないということでした。少し独りにしてもらい考え、結局「お願いします」とお返事して、契約成立となりました。

さっそく、契約書を作成しサイン、ハンコを押して、お買い上げとなりました。結局、ディーラーには,(1)最初にカタログをもらいに行く、(2)試乗をしてからざっくりとした価格を教えてもらう、(3)妻と試乗に行く、(4)フォレスターに座らせてもらう(この後、ニッポンレンタカーレヴォーグ借りる)、(5)本格的な第1回の見積もり、(6)第2回見積もり>契約という流れでした。

ステップワゴンの売却

この契約と前後して、乗っていたステップワゴンを売却する手続きも進めました。これは、別のページにまとめます。

自動車ローン

自動車購入の支払いは、ステップワゴンの売却および残金は自動車ローンとしました。第1回の見積もりの際に、約半額をスバルの自動車ローンとした場合の金利をお尋ねし、ローンの見積書を作成してもらいました。よくあるネット系銀行のオートローンや目的ローンに比べて金利が高く、結局は利用しませんでした。お手間をおかけしたのですが気持ちよく「いいですよ、お客様にとって有利な方をお選びください」と言われ、個人的には「(良い意味で)売れてる会社は余裕がある」と思いました。