スバル レヴォーグ買った(検討編-前振り)

いきなり、でっかい物からですが、スバルのレヴォーグを買いました。

レヴォーグ以前

(このところの自動車遍歴をお話しすると)ホンダのモビリオに11年乗って、そろそろ車検だったのですが、エンジン下部より異音がし始めました。ディラーに持っていったところ、「ベアリングやらシャフトやらを替えて、なんやかんやで25万かかる」かつ「異音は直るが、また別のところが駄目になる可能性大です。車検も近いし買い換えた方がお得だと思いますよ」と言われ、すぐにホンダのステップワゴンに乗り換えました。これが込み込みで250万ちょいです。半分現金で払って、残りは36回ローンでした。車が来て半年ちょいしてから、スバルのアイサイトが気になり始め、レヴォーグのCMに釘付けでしてた。「モビリオがあと半年もってくれたら、絶対レヴォーグにしたのに...くやしい!!」です。

注意力の問題

特に、年とともに、注意が散漫になり、見えているようで、見えてない事が多く、ひやりはっとする場面がちょいちょいありました。助手席に乗っている妻にも「見えてない」と注意され、車の運転が億劫になる始末です。ステップワゴンは買ったのですが、ともかく自転車での移動を心がけておりました。でも子どもの送り迎え、帰省などで、車に乗らないわけにも行かずです。自動ブレーキがあれば、リスクが低くなるとしみじみ思っておりました。なお、私は相当の安全運転派だとは思います。若いときにコンビニからバックで出てくる車が私の車のバンパーに接触した以外は、事故らしい事故はないですね。でも段々と年と共にひやっとする場面が増えてきました。

ステップワゴンのクルーズコントロール

またステップワゴンに乗り換えて良いなと思った装備が、クルーズコントロールでした。我が家のステップワゴンについていたのは簡単なやつで、定速走行ができるというものでした。50kmなら50kmに設定してあとはそれを維持してくれるというものです。年に2,3回、名古屋から広島まで帰省するのですが、このクルーズコントロールを使うと、疲れ方が違い、楽になりました。ただし、前走車との距離を保ってくれるわけではないので、気を張って、車間距離に注意しなければなりません。ホンダのステップワゴンの上位グレードについている前走車を追従してくれるクルーズコントロールが欲しいなと思うようにもなりました。

新名神高速の亀山を過ぎた辺りで夜中だと、車の数も少なく、定速にして走ると、まず足が楽です。最初にクルーズコントロールにして走ったとき、足のむくみがなくて「ステップワゴン買ってよかった」としみじみ妻と子ども達に語ってました。しかし、半年でアイサイトに釘付けですよ。

 

 

自動ブレーキ、クルーズコントロールが重なって、「アイサイト、アイサイト」とつぶやくようになり、家に帰ると、YouTubeでアイサイトの動画をジーッと見る、終いにはエアアイサイトと称して、ディスプレイの前でアイサイト動画を見ながら、ハンドルを握る姿をして、カチカチとスイッチを入れるマネをしている夫や父を見て、家族は最初はあきれていましたが、2年もそれをやっていると哀れに思ったのか、3年での買換えに強く反対されませんでした。